一面のシロツメクサ

病院に行けば貰える?

医師による問診

避妊薬は主に医療機関で処方してもらえます。流れとしてはまず産婦人科(レディースクリニック)などを受診し、医師による問診の後に処方されることがほとんどです。体質や持病によりアフターピルが処方出来ない場合もあるので、血液検査が行われることもあるでしょう。

現在では多くの医薬品がドラッグストアなどで販売されているため、アフターピルも購入出来るのではないかと考える人も少なくありません。しかし日本国内ではアフターピルは市販されておらず、どうしても必要になった場合には医療機関を受診するしかないのです。

医師から処方される避妊薬と変わらない避妊効果であるアイピルも同様に、身近なドラッグストアで販売されていません。アイピルを購入する場合は海外の医薬品を扱う通販を利用する方法が最適でしょう。医療機関では新薬である「ノルレボ錠」などが一般的ですが、アイピルはノルレボ錠のジェネリック医薬品なので、安心して使用出来ます。

日によっては近くの医療機関が開いていないことも考えられるでしょう。避妊失敗時に飲むアフターピルはセックスしてから72時間以内に服用する必要があり、緊急性が高いケースがほとんどです。必要な時に手元になければ妊娠する確率も高くなっていくため、アイピルを手元に置いておくことで緊急時にすぐ対応出来ます。避妊に失敗すると精神的な不安も大きくなるものです。予防策の1つとしてアイピルを購入することが理想的だと言えます。

アイピルを通販で購入すると海外からの到着を待たなければいけません。注文して届くわけではないため、72時間というタイムリミットを超えてしまう恐れがある場合はすぐ医療機関を受診し、アフターピルを処方してもらいましょう。