一面のシロツメクサ

アイピルの効果と使用法

薬を服用する様子

アイピルはノルレボ錠のジェネリック医薬品です。レボノルゲストレルという有効成分が配合されており、この成分が体内に吸収されるとホルモンバランスに変化が生じます。
レボノルゲストレルという成分は排卵を抑制する効果があり、それにより精子が子宮内に達しても受精することがなくなります。また、子宮内膜の増殖抑制効果も期待出来ます。受精してしまった場合でも受精卵が着床しなければ妊娠することはありません。
アイピルを服用することで排卵と子宮内膜の増殖が抑えられ、膣内射精後でも妊娠しにくくなるという効果が得られるのです。

妊娠を予防するためにピルを飲んでいるという女性は多く、婦人科系のクリニックで処方してもらっているというケースがほとんどです。避妊方法としては基本的にコンドームなどの避妊具、そしてピルという避妊薬が用いられます。

月経周期の改善や生理痛の緩和のために服用するピルは「低用量ピル」と呼ばれ、アイピルなどのアフターピルとは使用法が異なっています。低用量ピルは1ヶ月のうち約21日間服用し、7日間の休薬期間を設けることで排卵日を安定させる効果がありますが、アイピルは避妊に失敗した時のみ服用するものです。

どちらのピルにも避妊効果はありますが、それぞれの用法用量を守る必要があります。低分子ピルはどちらかと言えば月経周期を安定させることが目的です。それに対しアイピルのようなアフターピルは避妊のためだけに使用されるものなので、全く違う避妊法と言っても過言ではありません。

アイピルは低用量ピルに比べ体に与える影響が大きいため、どうしても必要になった時だけ服用するようにしましょう。普段から飲む避妊薬として使用することは絶対に避ける必要があります。