一面のシロツメクサ

アフターピルは高額!

病院とお金

セックス後72時間以内に服用しなければいけないアフターピルは、医療機関で処方してもらえる医薬品の1つです。避妊に失敗したことに気付き、慌てて婦人科にかけこむという人も多いでしょう。
医療機関で検査や治療を受けた場合、または医薬品を処方してもらう場合などは、保険が適用されることで医療費をある程度抑えられます。しかし保険適用外の診療があるため、それに該当すると医療費の全額を支払わなければいけません。

アフターピルは保険適用外の医薬品なので、処方してもらう際には15000円ほどかかります。1錠でこの価格なのでとても高額な医薬品だと言えるでしょう。
しかしアフターピルにもジェネリック医薬品というものがあります。海外の製薬会社が開発したアイピルもそのうちの1つで、医療機関で処方してもらえるアフターピルと同じ効果があり、なおかつ価格は安くなっているのがメリットです。通販で購入可能で、1錠入りのものを複数個セットでまとめ買いすることも出来ます。

処方薬(ノルレボ錠)の相場が15000円ほどであることに比べ、アイピルの相場は1錠1500円前後となっています。手頃な価格なのでもしもの時に備えておきたいという人にぴったりです。

セックスをする限り、例え避妊をしていても妊娠する可能性は少なからずあります。その時のためのアフターピルは複数あった方が安心でしょう。しかし1錠で1万円を超えるようなアフターピルを複数購入するとなると、負担額はどんどん大きくなります。
また、医療機関によっては1錠しか処方してもらえないことも考えられるため、緊急避妊薬として購入するなら安く手に入るアイピルが最適です。

自分自身の体を守るためにもアイピルを常備するようにして、セックスをするならしっかりとコンドームなどで避妊を行うようにしましょう。