一面のシロツメクサ

副作用について

気怠そうな女性

アイピルは有効成分によって女性ホルモンのバランスを変化させ、それにより妊娠を防ぐ働きがあります。本来は体が自然に行うホルモンを強制的に生成させるようなものなので、避妊効果とそれに伴う副作用は大きくなります。
医薬品として販売されているものは全てに副作用があるため、アイピルだけに限らず、他のアフターピルにももちろん副作用はあります。しかしアイピルはアフターピルの中でも副作用が小さい方です。

主な副作用として挙げられるのは、倦怠感や頭痛、吐き気などです。下腹部の痛みを感じる場合もあります。生理前に体に現れる症状(PMS)や妊娠の兆候とよく似ていると考えて良いでしょう。

避妊に失敗してから服用するための避妊薬なので、アイピルの即効性はとても高いものになります。ホルモンバランスが急激に変化するとどうしてもこれらの副作用は避けられません。
体質によってはアイピルを服用してもあまり副作用を感じないという人も居ます。ですがホルモンバランスの急激な変化は確実に体への負担が大きくなり、常用するにはリスクが大きすぎると言えます。

アイピルによる副作用は24時間程度で落ち着くことがほとんどですが、それでも女性にとってはつらい症状です。もし副作用が続くようであれば医療機関を受診すべきでしょう。服用せざるを得ないシーンを見極めることで体への負担は最小限に抑えられます。アイピルは緊急時の避妊薬として最適な存在なので、適切な使用法を頭に入れておきましょう。

過去に血栓症静脈炎などにかかったことがある女性などはアイピルを使用出来ません。もし持病がある、または過去に病気にかかった経験があるなら、アイピルを購入する前に服用が可能かどうかを確かめておく必要があります。